マーリンアームズ サポート   翻訳   コンサル   講座   アプリ   コラム
JavaScript講座     辞書サイト

初めてのJavaScript 第2版    Shelley Powers著    武舎広幸+武舎るみ訳

追加情報1 ソースコードの表示方法とプログラムのコピー方法

ソースコードの表示方法

本のプログラム例のコード(プログラム)は、プログラム例を表示して、そのページのソースを表示すればコピーすることができます。

たとえば、例1-1のプログラムを表示するには次の手順に従ってください。

  1. 各ページの上にある「1章」のリンクをクリックして、「第1章例題」のページを表示します。
  2. 「例1-1 Hello, World」のリンクをクリックして例1-1を表示します。
    (この例の場合はダイアログボックスが表示されますので、「OK」をクリックしてそれを閉じます。この例の場合は何も表示されていないウィンドウが残ります)。
  3. ブラウザの「ソースを表示」(あるいは同等の項目)を選択してソースコードを表示します。
    (「ソースを表示」は「ページ」あるいは「表示」などのメニューの下位項目にあります)

これで、ソースコードが表示されますので、全体を選択してコピーして、エディタなどで新しいファイルを作り、xxx.htmlというファイル名で保存してご利用ください。

まだ、よくおわかりにならない場合は、参考資料の『文系の人にもわかる プログラミング入門』をご覧になることをおすすめいたします。