マーリンアームズ サポート   翻訳   コンサル   講座   アプリ   コラム
JavaScript講座     辞書サイト

初めてのJavaScript 第2版    Shelley Powers著    武舎広幸+武舎るみ訳

訳者まえがき

私はJavaScriptが大好きです。なんといっても簡単に面白いことができるというのがすばらしい。広く普及した言語としては、今のところ、見栄えのするプログラムがもっとも簡単に作れるプログラミング言語ではないでしょうか。

JavaScriptが登場する少し前まで、見栄えのすするプログラムを作れるようになるには、とてもたくさんのことを覚えなければなりませんでした。自前のウィンドウを表示して、メッセージを表示するだけでも大変でした。しかし、コンピュータの処理速度は飛躍的に上がり、またソフトウェアに関する研究も進みました。その結果、インターネットが登場し、ウェブブラウザが作られ、ブラウザの上で動くJavaScriptのような言語が考案され、面白いことが以前に比べたらとても簡単に実現できるようになりました。新しいウィンドウを開いてメッセージを表示する方法を覚えるのには、10分もかからないでしょう。数週間みっちり勉強すれば、かなりハイレベルなプログラムを作れるようになるはずです。

この言語に出会ってからは「プログラミングを学ぶならばJavaScriptから始めるべし」とずっと思ってきました。とても取っつきやすい言語なのです。もし、他のプログラミング言語をご存じなら、学習を始めたその日のうちに新しいプログラムを書き始めることができるはずです。

簡単で取っつきやすい言語ならば大したことはできないのでは、と思う方もいらっしゃるでしょう。ところが、そうではありません。JavaScriptはとても奥が深い言語でもあるのです。オブジェクト指向と呼ばれる現在主流のプログラミング手法を使った開発に対応していますし、Ajax(エイジャックス)という技術を使い、これに対応するサーバ側のソフトウェアを用意すれば、ワープロや表計算、地図情報の表示など、従来はパソコンに専用ソフトをインストールしなければ使えなかったような高機能の実現も可能です。

この『初めてのJavaScript 第2版』は、JavaScriptの「簡単で取っつきやすい」という側面と「それでいて奥が深い」という側面の両方をうまく紹介してくれていた『第1版』に、新しいブラウザやウェブの動向に関する記述を追加するとともに、練習問題を追加したり、内容を整理したりしてさらにわかりやすい本に仕上がっています。

HTMLやCSSの知識を前提としていますし、よくあるプログラミングの入門書のように図をふんだんに使って、手取り足取り教えてくれるわけではありません。しかし、オライリーの本らしく、中身がぎっしり詰まっています。プログラム例をよく読み、実際にブラウザで実行しながら読み進めれば自然にJavaScriptの基本が身につくようになっています。JavaScript初心者の方はもちろん、「自分のウェブサイトで利用はしているが、もう少し詳しく知りたい」とお考えの方にも大変役に立つと思います。

この翻訳版と原著英語版の違いについてご説明しておきます。日本の読者の皆さんに抵抗なく試していただけるよう、ごく一部の単純な例を除いて、すべての例を日本語の題材に変え、日本語の環境で動かす際などに不具合があるものについてはすべて問題がなくなるよう変更しました。また、原著で不明瞭に感じたり、もう少し補強したりしたほうがよいと思われる事柄については、メモなどを加えてあります。また、訳者が原稿を作成した後で、JavaScript に関して豊富な経験をお持ちの外山真(nanto_vi)さんに技術的な確認をお願いしました。我々の環境では問題なく動いていますので、大丈夫だと思いますが、我々の記憶違いや勘違い、見逃してしまった点があるかもしれません。お気づきの点はご指摘いただければ幸いです。

紹介されている例は私が管理するこの本のサポートページで実際に動作しています。例をすべて手で入力するのは大変ですから、サポートページをご覧になって、必要な部分はコピーしてお試しください。ただし、初心者の方に一言。コピーするだけではプログラミングの力はつきません。ご自分で、いろいろと「改造」してみてください。「こうしたらもっと面白いことになりそうだ」「私の用途ではこういう機能が欲しいのだ」といじってみることで、徐々に応用力がついてくるはずです。

まったくプログラミングが初めてという方、HTMLやCSSについてよく知らないという方には、この本だけでは少し内容が難しいかもしれません。でも、そういう方もご心配なく。私が翻訳者向けのオンライン講座で用いている『文系の人にもわかるHTML入門』『文系の人にもわかるプログラミング入門』のテキストがインターネットで公開されています。サポートページに参考文献としてあげておきましたので、必要に応じてご覧ください。

最後になりますが、ていねいに技術面でのチェックをしてくださったnanto_viさん(http://nanto.asablo.jp/blog/)に厚くお礼申し上げます。また、いつもお世話になっている株式会社オライリー・ジャパンの宮川直樹さんにもこの場をお借りして感謝いたします。この本が、たくさんの面白いウェブサイトやアプリケーションが登場するきっかけになれば幸いです。

2009年11月 訳者代表 武舎 広幸